HOME

第二回スイカ川柳、結果発表!!

unnamed

 

2015年第2回スイカ川柳発表!

こんにちは!

 

スイカ倶楽部です。

 

ついにきました。

 

スイカ川柳第二回発表です!!

 

通算895作品も集まった今回の川柳。

 

選考会も大波乱でした・・・。

 

そこでとある小説家に選考会に入っていただき、

意見を参考にしつつ進めました。

 

それでは早速発表です!

 

 

 

 

笑いとスイカ部門

 

【寸評】

きました、まずは笑いとスイカ部門。

 

いいですね~。大玉の存在感ってハンパないですものね!

 

最近の我々一般市民の家庭のようすをクスリと笑って

もらえる共感性に満ちています。(笑)

ちなみに銀賞が決まったときは、

みなさん自然に互いのお腹周りに目線がいっていました。(笑)

 

ホント、スイカって笑顔もつまってますね♪

 

ちなみに僕もお腹をポンポンと叩くたびに

スイカを連想し、

お医者さんの「ポンポン」とお腹を叩くしぐさを思い出す一人です。(笑)

 

 

 

夏の思い出とスイカ部門

 

【寸評】

夏の思い出だけあって、どこか美してノスタルジック。

そんな作品が多く、金賞はとくにスイカ倶楽部部長もお気に入りの一作品です。

 

スイカメイト名のようにまさに大金星!

金賞おめでとうございます!

それにしても、

スイカといえば夏ですものね♪

 

みなさんそれぞれに楽しくて、

美しく、

そして輝いていた記憶の中にスイカが一緒にあるのですね。

 

読ませていただき、私たちもうれしくなりました。

 

 

 

男と女とスイカ部門

 

そして激戦区となりました、

男と女とスイカ部門。

 

みなさん切ない、

甘酸っぱい思い出や淡い想いを

たくさん川柳にこめてくださいました。

 

 

旦那さまを「スイカが好き」という一言で決めたという金賞作品。

 

すばらしいです。

 

スイカは世界平和はもちろん、

家庭の平和と幸せも司るのです。

 

スイカのように甘いご家庭をいつまでも!

 

それにしても、重いスイカを抱きかかえ、

愛する人と重ねるなんて、想われている人は幸せですね♪

 

追伸

スイカの一気食い、せっかくですので味も楽しんでくださいね!

 

 

家族とスイカ部門

 

スイカといえば、やっぱり家族とみんなで食べる。

そして生まれる笑顔。これですよね。

 

最近は核家族化が進んでいます。

だからこそ、スイカを食べると、

家族大勢といっしょに食べた

あの夏を思い出すのかもしれませんね。

 

スイカは、

あなたの思い出と家族とともにいつまでも人生を豊かに、

甘く彩ってくれているのでしょう。

 

そんな思い出にもつながる逸品と、

おじいさん目線からお孫さんへの

あふれる愛情目線の作品が受賞しました!

 

 

スイカあるある部門

 

キました。

スイカといえば、贈答品にも喜ばれる逸品。

 

大玉スイカに詰まっているのは、

日本人の誇る「おもてなしの心」といえるかもしれません。

 

それこそまさに有形でありつつ、

無形文化との融合です。

遺産登録間違いなし!思わず力説したくなります。

 

そのようなわけで、

スイカ倶楽部の共感をキャッチしまくった同作が一位です。

 

さらに「あるある!」と言いたくなった「冷蔵庫を占拠するスイカ」。

 

まさにです。(笑)

 

「我が家はスイカのために2人暮らしなのにかなり大型冷蔵庫(笑)」

という選考委員のハートをキャッチした作品も銀賞へ。

 

そしてお子様持ちの選考委員らの「あるある!」を集めた
作品が銅賞に選ばれました。

 

 

 

総合一位―最優秀作品発表!!

 

そしてお待ちかね!!

景品の大玉スイカをGETした作品の発表です。

 

「大スイカ 舌をもてなす 味遺産」

 

さくらんぼ 女性 61歳 さま の作品です!!!

スイカあるある部門の金賞に輝いていた同作品が、

見事総合一位に選ばれました!!

 

おめでとうございます!!

 

受賞のさくらんぼさんには

大玉スイカをご送付させていただいており、

受賞のコメントをいただきました。

 

受賞にはとても驚かれたとのことで、

しかも「こんなに大きなスイカ見た事ない!」とびっくりされておられました。

 

それもそのはず。

山形県尾花沢スイカの中から、

最高の逸品をスイカ倶楽部部長が選びに

選んでお送りさせていただきました。

 

本当におめでとうございます!

 

さらに選考後に委員も気づいて驚きましたが、

さくらんぼさんは、

なんと「男と女とスイカ部門」の金賞作品、

「スイカ好き この一言で決めました」

の詠み人でもあったのです。

 

お一人でまさかのダブル入賞!!

 

世の中にはすごい方もいらっしゃいますね。

 

 

 

 

選考の後に・・・

 

さて、今回も本当に良作ばかりで、

それが895作品も集まったとあって、

スイカ倶楽部スイカ川柳選考委員会も、

とても大変でした。

 

でも、どの作品もみなさんのスイカへの愛がたくさん

詰まっていて、

とても感激しました!!

 

来年も絶対に開催いたします!!

 

今回は惜しくも受賞を逃してしまった方、

ぜひまたご応募してください!

 

まだまだ残暑が厳しいですが、

ぜひともスイカで乗り切りましょう!

 

スイカチャージも、

ラストスパートです!!